「jfaxってインターネットfaxでしょ。便利そうだとは思うけど…ぶっちゃけ使えるサービスなの?」

 

インターネットfaxは便利そうだけど、導入には二の足を踏んでしまいますよね。

 

数あるサービスの中で、安さを売りにしているjfaxは使えるサービスなのか?

 

このサイトではjfaxへの口コミを調べました。

jfaxへの悪い口コミ

まず、jfaxへの悪い口コミはどのような感じでしょうか?

 

大きく分けると3個に分類されます。

 

スマホで送受信をするとき回線が遅くなる

 

「スマホで使うと遅い時がある」

 

という口コミは一番多かったと思います。

 

インターネットFAXの一番の利点としては、外でも送受信ができることで、当然ながらjfaxも対応しています。

 

来ているfaxを外出先で確認できるのは最大の利点ですが、送受信で待たされるのはとても苦痛に感じている方が多いのも事実の様です。

 

wifiスポットもありますが、日本の場合は回線速度が遅いことも多いため対応に困っている方も多い様です。

 

 

この点に関しての改善は、回線の整備次第になると思われます。
2020年には回線が5Gになりますので順次改善されるものとは思われますが…

 

 

テクニカルサービスにつながりにくい

 

「わからないことがあってもテクニカルサービスになかなか聞けない」

 

という口コミも多かったです。

 

チョットしたトラブルがあって質問しようと思ったときに、テクニカルサービスにつながらないとか、つながってもちゃんとした対応がされなかったとか…

 

というテクニカルサービスに対する口コミが多いのが実情のようです。

 

当然ながら社員教育は日々徹底されているとは思いますので、一日も早い改善が待たれます。

 

 

導入したはいいけど結局使わなかった

 

「確かに月額は基本料金990円ととても安いけど…全然使っていない。お金の無駄かも」

 

という口コミも多かったです。

 

現在、普通のFAXをある程度使っている方がインターネットfaxに切り替える場合、このようなことはないのですが、普段faxを使っていなく、メールやSNSでのやり取りがほとんどの場合、インターネットfaxのjfaxを導入しても使わないですよね。
だって、あなたの周りがfaxを使っていないのですから。

 

結局、現在使っているfaxをjaxに切り替えている場合でないと、

 

「導入しても使っていない」

 

みたいなことが起こりうると思います。

jfaxへの良い口コミ

一方、jfaxへの良い口コミはどのような感じでしょうか?

 

これも大きく分けると3個に分類されます。

 

 

初期費用が安く済んだ

 

 

「fax導入しようと思っていたんだけど、複合機とかインク、紙、そして回線開通の費用…って考えたらいくらかかるんだ!!」

 

という方がjfaxを導入するケースはとても多い様です。

 

「基本使用料990円だけだから、かなり助かった」

 

例えば、これから会社を立ち上げてfaxも導入しようと考えている方には、これ以上ない初期費用の削減になることは間違いありません。

 

なんだかんだって、会社組織となるとfaxがないことで信用度が疑われます。

 

fax導入の初期費用が990円で良かったと思っている方の口コミがかなり多いのもうなずけます。

 

 

FAX用紙やインクのことを考えなくてもよくなった

 

「紙とインクどっちもないな。また買わないといけないの?どうにかならないかな。」

 

これは今までは切実な問題でした。

 

しかし、jaxに変えたことで

 

「紙とインクに関しては考える必要がなくなった」

 

と思う方がほとんどで、とても良かったとする口コミ投稿がとても多い状況でした。

 

 

紙やインクが必要なくなるという事は、使えば使うほど経費が削減されます。

 

おまけに大量の紙で保存していたものが端末の中でコンパクトに保存でき、管理も楽になります。

 

これらのことを総合した場合、「FAX用紙やインクのことを考えなくてもよくなった。」という良い口コミが多くなっているのだと思います。

 

 

わざわざ会社に帰らなくてもよくなった

 

今までは、会社に来ているFAXを確認するのに何が何でも会社に帰らないといけませんでした。

 

しかし、jfaxに変えると、faxの確認は外で、ご自身のスマホで手軽に見る事が出来ます。

 

「夕方に会社に帰りますのでfax確認しましたらご連絡いたします…」

 

というのが今までは普通でしたが、jfaxにすると

 

「今見てます。今すぐ対応しますね」

 

に変わります。

 

業務の効率化になります。

 

帰ってからfax見て事務処理して、変えれるのが夜遅く…

 

みたいなことはなくなるでしょう。

 

という事で

 

「わざわざ会社に帰らなくてもよくなった」

 

というような良い口コミが多くなっているのだと思います。

jfaxへの口コミからわかること

jfaxへの良い口コミと悪い口コミをまとめました。

 

そこからわかる事が何点か出てきました。

 

 

jfaxは、日常FAXを使用している方が乗り換えると良いサービス

 

jfaxは、現状faxを使用している方がこれに乗り換える前提ならば、総合的に良いと思えるサービスなのではないかと思います。

 

逆にいば、普段faxを通信手段に使っていない方が使用すると、周りの方もfaxを使っていないわけですから、使用することはほぼないと思われます。
という事は、jfaxを導入しても「使っていない」状況になってしまうと思われます。

 

結論として、jfaxをはじめとするインターネットfaxを導入する際は、現状のfax使用状況を踏まえご検討いただくのが得策なのではなかろうかと思います。

 

 

jfaxを導入すると、インクや紙のことを考えなくてよくなる

 

jfaxをはじめとするサービスを導入すると、いろいろな良し悪しはありますが、これだけは共通していることは、インクや紙のことを考えなくてよくなることです。

 

現状、faxで送る原稿をパソコンで作っている方は本当に非効率です。

 

わざわざインクを使って紙に出してそれをfaxで電波に乗せるわけですから…

 

 

本来ならば、パソコンで作った原稿はメールなどで送るほうが効率が良いはずです。

 

 

ただ、faxも作ったものを直接電波に乗せられればそれだけで効率性が高まるという意味においてもインクや紙のことを考えなくてよくなるというのは良いことではないかと思います。

 

 

外出先でも送受信の確認ができるが現状は通信速度が遅い

 

今までは、一回一回会社に帰って確認しないといけませんでしたし、来たfaxは紙ベースで管理しないといけませんませんでした。

 

 

jfaxを使えば、送受信は外出先でも手軽に確認することができます。

 

 

しかし、現状では難点も存在します。

 

外出先での確認では、回線が遅くなる可能性がある点です。

 

 

ファイル単位の確認になりますので、大容量のデータ通信をしないといけない可能性があります。

 

となると、外出先では現状、受信が遅くなる可能性もありますし、場合によってはデータ通信費がかかってしまう可能性もあります。

 

 

ただ、2020年には回線速度が5G回線になります。

 

このことで事態が改善していく可能性があります。

 

まとめ

jfaxへの口コミをまとめました。

 

jfaxへの悪い口コミは大きく分けると
スマホで送受信をするとき回線が遅くなる
テクニカルサービスにつながりにくい
導入したはいいけど結局使わなかった

 

に分けられます。

 

一方良い口コミは
初期費用が安く済んだ
FAX用紙やインクのことを考えなくてもよくなった。
わざわざ会社に帰らなくてもよくなった

 

という感じに分けられます。

 

 

jfaxへの口コミからわかることは

 

jfaxは、日常FAXを使用している方が乗り換えると良いサービス
jfaxを導入すると、インクや紙のことを考えなくてよくなる
外出先でも送受信の確認ができるが現状は通信速度が遅い

 

という感じです。

 

今なら30日間無料で使用することができますので、長く使っていけるサービスかどうかお試しいただくことをおすすめ致します。